倉敷の市花 藤の花プロジェクト

取組内容

ワークショップを開催しました

お知らせ

2018/03/10

3月10日(土)に倉敷東小学校外会議室において倉敷東小学校の児童15名と東中学校の生徒16名に参加していただきワークショップを開催しました。

最初に、原参事からワークショップ開催の概要と目的について説明をしていただいた後、中学生がリーダーとなりグループに分かれ「阿知の藤」について知っていることを発表してもらいました。「倉敷の市花」、「色が桃色」、「名前がふじみちゃん」など各グループからたくさんの意見が出ました。

後半は、倉敷芸術科学大学後藤教授と3年生2名にも加わっていただき「阿知の藤」から剪定された蔓を封入した返礼品(150個)の製作を行いました。返礼品は、女性の着物姿をイメージしてデザインされ「阿知の藤」再生支援へ寄付をいただいた方へ渡す品となります。

製作するにあたり後藤教授から注意点と学生からは作り方について説明をしていただきました。中学生が小学生へ手順を教えながら作製し、時間内に全て完成させることができました。

最後に、全体の振り返りを行いグループ毎に発表し終了しました。「阿知の藤」について、自分の知らないことを知ることができたといった感想があり、ワークショップを通じて市花フジの魅力を再認識できた大変有意義な時間となりました。

  

取組内容一覧を見る

© 2017 藤の花プロジェクト実行委員会 All Rights Reserved.